アクテデュース

アクテデュースのご紹介

アクテデュースは、「生涯学習」を念頭に、日々スキルアップしていく豊かな人生を送ってほしい。
そんな願いから生まれた空間です。
習い事をすることで、人間として成長する豊かな時間を過ごせる
アットホームなカルチャールームを提供します。
文化・教養の伝達を意識し「伝統文化」を見直すきっかけを作りだしていきたいと思います。
本物に囲まれた空間で、アート・音楽・食などにふれ、
インタラクティブなかかわりを持ちながら、自分を磨き充実した生活を送るスタイルを提案していきます。
また、個々に活動する作家・アーティスト、何かを始めたい方の夢が叶うよう応援します。

・・・acteduceのピアノ・・

◆YAMAHA G2 1964年製造

このころはまだYAMAHAもKAWAIもドイツ・べヒシュタイン社の技術提供の設計思想が残っていました。

その後のYAMAHA は ドイツ・スタインウェイ社の設計を参考にしています。

現在は YAMAHAもKAWAIも完全自主設計です。

現在のYAMAHAとは違う響きをお楽しみください。

◆ヴェルクマイスター調律 (古典調律)

白鍵を弾けばミーントーンの音律、

黒鍵を弾けばピタゴラス音律となります。

変化記号の少ない調は、明るく透明で和声的・・・・・

変化記号の多い調は、緊張感が強く哀愁を帯び、旋律的・・・・・

この調律は19世紀後半から普及して現在定番となっている『平均律』ではなく、

『ヴェルクマイスター』というバッハ時代に主流の調律法で

19世紀後半まで使用されていたと思われる調律法で調律されています。

基準のピッチAは 440Hzに設定しています。

平均律でピアノ調律するようになったのは

12音階・・異名同音・・が確立されたラヴェルやドビュッシーのころからとの説があります。

19世紀後半に作曲家でもあり指揮者でもあったマーラーがウィーン国立歌劇場で

「この頃は平均律になって面白くなった」と言ったそうです。

シューマンやシューベルトのころは、このような調律法で調律されていたのではないでしょうか。

ヴェルクマイスター調律法は 1691年ごろに考案されたそうです。

AヴェルクマイスターはJSバッハの友人でもありましたが、

バッハはどの調も使用できて、しかも調性の響きがそれぞれ違うヴェルクマイスター調律を気に入り

当時としては驚異的と思われる24すべての調性の曲を作曲したといわれています。

小田島ピアノ調律所

   代表 小田島 智

          一般社団法人日本ピアノ調律師協会東北支部支部長

          ピアノ調律職種指定試験機関技能検定委員

          スタインウェイ会評議員

♪以前は 仙台ホテルで使われていたこのピアノはマホガニー色のベビーグランド。

老舗ホテルで長きにわたり親しまれていた由緒あるピアノはホテル閉館のさい、当時の調律師のもとへ。

現在の所有者である小田島氏のご厚意で 

アクテデュースで再びこのピアノが脚光を浴びることとなりました。

コンサートによるご利用など興味のある方はお問い合わせ下さい。


ACCESS & MAP


アクテデュース
〒980-0804
宮城県仙台市青葉区大町1-1-15 大町川村ビル4F
tel/022-265-5350

 


  • Kazuko Makino: 来週もカヨウカフェ、元気にOPENします♪ヨロシクお願いします!
  • acteduce: お申込みありがとうございます。2名様で承りました。金曜日11:00にお待ちしております。
  • 三浦 寿恵: 昨日もメールしたのですが、10/25(金)にある「ジャム教室+ランチ会」に参加したいのですが、2名空きがありま
koromo millinery salz まつむらこのみ、テーブルコーディネート まつむらこのみ、荒井真澄、野菜ソムリエ みんなの発表会 りらく アクセサリー教室、Eden、レジン、吉田聡子 アトリエ光彩舎、柴田治 アトリエ光彩舎、柴田治、水彩画教室 グラスペイント、鎌田順子 コラージュ、村尾沙織 コラージュ教室、村尾沙織 ザルツ、ジャム、 ジャム作家、ザルツ ジャム教室、ザルツ ジャム講座、ザルツ ジャム講座、ザルツ、トマト トトロ箱 トトロ箱、浴衣 トトロ箱、綾、豆一、和小物、着物 トトロ箱、豆一、ヴィトリーヌ ハーブ パーソナルカラー、高橋直子 ビーズ教室、スワロフスキー、アトリエBM,新妻三枝子 フカカッタ、片山敦夫、深町栄、平松八千代、サザンオールスターズ ポーセラーツ マキノハウス 仙台三越、アート&クラフトフェア 和菓子教室 和菓子教室、豆一 朗読、荒井真澄、ボイトレ 村尾沙織、コラージュアート 松島一の坊、ガラス美術館 柴田治、アトリエ光彩舎、水彩画 片山敦夫、深町栄、 紅茶教室、 絵本、ピアノ 絵本、ボイスパフォーマンス、朗読、声優、荒井真澄 荒井真澄、紙芝居、ボイトレ 荒井真澄、絵本 荒井真澄、針生奏子、赤ちゃんコンサート 豆一 豆一、 豆一、荒井真澄、絵本

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。