アクテデュース

筑前琵琶の調べ

Posted on: 2009年5月4日

世の中ゴールデンウィークの真っただ中・・・

シブ~い事に、こちらでは琵琶のお稽古が行われました。

今回で琵琶2回目、

まずは慣れること・・・真似ること・・・

大きい声でお腹から声をだして唄いながら弦を・・・

「これは大変だつ」

 

筑前琵琶の特徴は音と唄のおっかけっこ・・・。

そこがとっても面白くもあり、聴き手に伝わるところだそうです。

音の「余韻」が雰囲気を作りだします。

「蓬莱山」 では静御前の物語の悲しくせつない想いが

しみじみと伝わってきます。

 

指先と頭と姿勢と・・・

2時間やればお腹がすいちゃう・・・なんとも健康的な琵琶!

五臓六腑使いまくりかなりのカロリー消費だそうです。

運動したように汗かいてきました!と生徒さん。

琵琶をやっている先生方、年をとらない・・・みんな若若しいというのも納得です。

5月31日(日)には山形で雛子先生の演奏会が開催されます!!
今までも様々な面白い場所で演奏活動をされていますが
今回は雛子先生の応援団ともいえる「雛座プランニング」の企画により
山形の歴史ある蔵「さくら」で演奏。
雛子先生の娘さんでありピアニストのハットフィールド容子さんとコラボ!
「琵琶とピアノの調べ~和と洋のコラボレーション~」という記念すべきステージです。
 
ハットフィールド容子さんは第38回全東北ピアノコンクール第1位、文部大臣奨励賞受賞、
ソロリサイタルの他あらゆる一流楽団と共演され活躍中です。
 
親子共演は今回初めて。
お母様の琵琶を引き継いで演奏する雛子さん、娘さん、と3世代一緒のようで嬉しい・・・
とおっしゃってました。
琵琶ソロ、ピアノソロ(みなさんおなじみのショパンの名曲)、最後にお楽しみの共演・・・
先着50名チケット500円(お菓子代)となっておりますので
ご興味のある方はお問い合わせください、一緒に楽しみましょう。
 
琵琶とピアノの調べ~和と洋のコラボレーション~
 
演奏 筑前琵琶 高橋旭盛
   ピアノ  ハットフィールド容子
 
5月31日 (日)14:00~
   山形市本町 「嵯蔵(さくら)」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中


  • acteduce: お問合せありがとうございます。 教室は宮城県内5か所と岩手、山形で現在開催しております。
  • 石原真子: こんにちは、先生の絵を気に入りならいたいと思いました、教室は仙台のみでしょうか?
  • Kazuko Makino: 来週もカヨウカフェ、元気にOPENします♪ヨロシクお願いします!

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。