アクテデュース

街に学び、街を描く水彩画

Posted on: 2012年2月4日

ゆき景色の街なみ、青葉区八幡町にあるお酒を造っていた蔵

歴史ある「天賞」の建物は 大通りから少し移築して、今はギャラリーとして開放し

催し物や絵の展示などに使われています。

深い茶色と白い雪のコントラストで 趣きがあります。

次回の水彩画教室は2月8日(水)の開催です。

講師の柴田治先生の作品をご覧頂ける展示会が

3月に開催されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『美しいふるさとの風景』

水彩画三人展/阿部重憲 金伸之 柴田治

あの震災から1年、失われてしまった心に残る風景、失ってはならない愛着のある風景。

街を描き続ける3人が思いを込めてふるさとを描きました。3月に出版される画集『水彩で描く美しい日本30人のふるさと東北(仮題)』のための原画を中心に展示します。

3月10日~19日 10:00~17:30

ギャラリー専 (国分町3-9-9)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


  • acteduce: お問合せありがとうございます。 教室は宮城県内5か所と岩手、山形で現在開催しております。
  • 石原真子: こんにちは、先生の絵を気に入りならいたいと思いました、教室は仙台のみでしょうか?
  • Kazuko Makino: 来週もカヨウカフェ、元気にOPENします♪ヨロシクお願いします!

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。