アクテデュース

漆工芸と墨画

Posted on: 2012年10月3日

『木とうるしの工房・ウッディーポエム』鈴木氏との作品、

今年も11月はじめ アエル1階丸善ギャラリーにて展示いたします。

2年前、『りらく・モノ創り展』で出逢い、漆に描いてみませんか?とお話をいただき

去年実現した漆と墨画。

先日てもとに木工の土台を受け取り、昨日から取りかかっております。

写真は しらきの状態に墨画を描いた状態・・・

もちろん全て一点ものの手描きなので、構図もなにもイマジネーション任せで、

描きたいように描いている部分と、自然と描かされていくところと両方で進んでいる気がします。

このあとまた秋保の漆工房にバトンタッチ。上から漆をかけて乾かしていきます。

なんと・・・今年は さくらの木のテーブルに描く事になり、大しごと!

直径60センチほどの丸テーブル・角テーブル・70センチの丸テーブル、そして秋田杉の2つ折りついたて、

どれも立派な木で それだけで素敵です。

桜に桜を墨で描くということで、緊張と楽しみとありますが、

木が生きるように描いてみたいとおもいます。

漆の木工は 使うほどに艶が出て、年月が経つほど木が漆を自然にすい、墨の色がどんどん浮き出てくるかのように見えて、

育っていく楽しみがあります。去年のものが1年たった今 明るい木の色にかわってきて墨色にも奥行きがでてきています。

ほかにも 普段使いできるお椀や自然の形を生かしたお皿など、可愛らしい木工を沢山お預かりしました。

11月、ギャラリーでご覧いただけるように・・・がんばります。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


  • acteduce: お問合せありがとうございます。 教室は宮城県内5か所と岩手、山形で現在開催しております。
  • 石原真子: こんにちは、先生の絵を気に入りならいたいと思いました、教室は仙台のみでしょうか?
  • Kazuko Makino: 来週もカヨウカフェ、元気にOPENします♪ヨロシクお願いします!

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。