アクテデュース

高村光太郎・連翹忌にて。

Posted on: 2013年4月4日

OLYMPUS DIGITAL CAMERAemi ichinoseki 2013/4/2live

【今日は何の日・光太郎】4月4日
昭和31年(1956)の今日、東京青山斎場にて光太郎の葬儀が執り行われました。棺の上には生前の光太郎が愛した連翹の花が一枝。これが「連翹忌」命名の由来となりました。
 

東京日比谷公園の中に佇む クラシカルな空間 松本楼。

文豪 高村光太郎氏の命日である4月2日に 毎年開かれている「連翹忌」(れんぎょうき)。

高村家ご当主はじめ親族の方々、高村光太郎記念会や保存会、そしてその文学を愛する皆様が会場に集うこの日、光栄なことに 御縁あって保存会様よりお話をいただき、墨画を描かせて頂きました。

ピアニスト齋藤卓子さんが奏でる「月光」「月の光」の中での即興。

真っ白な頭のままで挑み 無心で仕上がる怖さと喜びと・・・毎回冷静に考えるほど・・・ぞっとするものです。

インスピレーションが濁らないためには“考えない”ことを意識的にするしかない!

邪念をすてる修行のようなもの・・・と受け止めますが、

今回は特に そのひとときの間、何かがおりてきて描かされる その役割を代行 代筆していたような、任務が終わって ほっとしたような・・・不思議な安堵です。

こちら「松本楼」の一階にある喫茶には

当時 光太郎と智恵子がデートによく訪れて氷菓(アイスクリーム)を召し上がっていたそう。。。

この日はそんなシーンがよみがえるような雨。

光太郎氏は雨男だった?というエピソードもお話の中にあって、毎年この日は雨とのこと。

公園の緑が潤って 雨音も時空を忘れさせ 当時へ誘っていたように思えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

連翹忌ブログで写真をアップして頂いています。

http://blogs.yahoo.co.jp/koyama2870041/8770417.html

この度、このような機会をいただき 感謝しています。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


  • acteduce: お問合せありがとうございます。 教室は宮城県内5か所と岩手、山形で現在開催しております。
  • 石原真子: こんにちは、先生の絵を気に入りならいたいと思いました、教室は仙台のみでしょうか?
  • Kazuko Makino: 来週もカヨウカフェ、元気にOPENします♪ヨロシクお願いします!

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。