アクテデュース

高村光太郎・連翹忌にて。

Posted on: 2013年4月4日

OLYMPUS DIGITAL CAMERAemi ichinoseki 2013/4/2live

【今日は何の日・光太郎】4月4日
昭和31年(1956)の今日、東京青山斎場にて光太郎の葬儀が執り行われました。棺の上には生前の光太郎が愛した連翹の花が一枝。これが「連翹忌」命名の由来となりました。
 

東京日比谷公園の中に佇む クラシカルな空間 松本楼。

文豪 高村光太郎氏の命日である4月2日に 毎年開かれている「連翹忌」(れんぎょうき)。

高村家ご当主はじめ親族の方々、高村光太郎記念会や保存会、そしてその文学を愛する皆様が会場に集うこの日、光栄なことに 御縁あって保存会様よりお話をいただき、墨画を描かせて頂きました。

ピアニスト齋藤卓子さんが奏でる「月光」「月の光」の中での即興。

真っ白な頭のままで挑み 無心で仕上がる怖さと喜びと・・・毎回冷静に考えるほど・・・ぞっとするものです。

インスピレーションが濁らないためには“考えない”ことを意識的にするしかない!

邪念をすてる修行のようなもの・・・と受け止めますが、

今回は特に そのひとときの間、何かがおりてきて描かされる その役割を代行 代筆していたような、任務が終わって ほっとしたような・・・不思議な安堵です。

こちら「松本楼」の一階にある喫茶には

当時 光太郎と智恵子がデートによく訪れて氷菓(アイスクリーム)を召し上がっていたそう。。。

この日はそんなシーンがよみがえるような雨。

光太郎氏は雨男だった?というエピソードもお話の中にあって、毎年この日は雨とのこと。

公園の緑が潤って 雨音も時空を忘れさせ 当時へ誘っていたように思えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

連翹忌ブログで写真をアップして頂いています。

http://blogs.yahoo.co.jp/koyama2870041/8770417.html

この度、このような機会をいただき 感謝しています。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


  • 佐藤直美: ありがとうございます! お会いした時に、いろいろご相談させていただきたい事もあり、よろしくお願いしま
  • acteduce: 佐藤直美様 いつもありがとうございます。 少々抜ける時間もありますが、なるべく会場に居たいと思ってます
  • 佐藤直美: こんにちは! 以前(数年経ってしまいました)墨画の体験や、手拭いでのポーチ作成をお願いした佐藤と申し
koromo millinery salz いざなう月の琴、サロンコンサート、齋藤卓子、古典調律 まつむらこのみ、テーブルコーディネート みんなの発表会 りらく アイスティー、ハーブティー、紅茶教室、織田ひでこ、koromo アクセサリー教室、Eden、レジン、吉田聡子 アトリエ光彩舎、柴田治 アトリエ光彩舎、柴田治、水彩画教室 グラスペイント、鎌田順子 グラスペイント教室、鎌田順子 コラージュ、村尾沙織 コラージュ教室、村尾沙織 ジャム作家、ザルツ ジャム教室、ザルツ ジャム講座、ザルツ トトロ箱 トトロ箱、綾、豆一、和小物、着物 ハーブ パーソナルカラー、高橋直子 ピアノコンサート、齋藤卓子、クラシック フカカッタ、深町栄、片山敦夫、高橋結子 フカカッタ、片山敦夫、深町栄、秋保、ウッディポエム、秋保大滝 フランス、カンペール陶器、シャンソン、貝山幸子 ポーセラーツ マキノハウス レジン 仙台三越、アート&クラフトフェア 和菓子教室 和菓子教室、豆一 塩竈亀井邸、月見カフェ、しおがまさま神々の月灯り、日本酒 塩竈市杉村惇美術館 墨色銀河、墨画生徒展 柴田治、アトリエ光彩舎、水彩画 水彩画 紅茶教室、 紅茶教室、koromo 紅茶教室、織田ひでこ、koromo 紅茶教室、織田ひでこ、ハーブ、ハーブティー、koromo 絵本、ボイスパフォーマンス、朗読、声優、荒井真澄 荒井真澄、絵本 豆一 豆一、荒井真澄、絵本

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。