アクテデュース

横浜ブラフ18番で松本ピアノ

Posted on: 2013年4月6日

 SAMSUNG

雨の日、山手にある洋館ブラフ18番で

SAMSUNG

松本ピアノに出逢いました。

松本楼の次は松本ピアノ!?

SAMSUNG

以前アクテでみていたものとはまた違った趣きです。

鳥をデザインしたようなキャンドルスタンドがついていて 装飾的。

100年くらい前のものと聞きましたが 当時は両脇に蝋燭をたてて楽譜をみていたのでしょうか。音も聴かせて頂けたのですが、「洋琴」という呼び名がぴったりの 日本らしい懐かしいあたたかみのある音色でした。

以前 3代目の松本さんや君津市にある松本ピアノ保存会の方と交流させて頂いた時、

創業の歴史や 修復の難しさなどを伺っいました。

この価値あるピアノに皆が親しみをもっていて、 ピアニストに奏でられ、愛されている 幸せなピアノだな~と感じました。 

 

こちらではサロンコンサートも度々ひらかれているそうなので、

今度はゆっくり この洋館で松本ピアノのアンティークな音色に浸ってみたいです。

SAMSUNG

Ayaさんが作ってくれた墨画テヌグイのつけ襟、使わせていただきました。

クラシカルでモダンなデザインで 横浜にしっくり。

ありがとうございました!

SAMSUNG

1 Response to "横浜ブラフ18番で松本ピアノ"

一関恵美様。ご無沙汰です。メール有難うございます。東日本大震災後、如何お暮らしかと気にかけておりました。お元気なご様子で安堵いたしました。松本ピアノ・オルガン保存会は昨年度で1%事業を終えました。これ迄に修復したピアノはアップライト7台、ミニグランド3台です。1%事業終了後、これ等のピアノを活用し(公益財団法人)君津市民文化ホールと共催で有料コンサート3回/年。無料ミニコンサートを6回/年の事業を開催しています。ブラフ18番館の演奏活動が原点となり、地域の音楽愛好者に気軽に、楽しく、そして親しまれる活動を目指しています。ただ、会員の高齢化が進み今後の活動運営をどうするかが悩みの種です。貴女のようにお若くて活力ある人材が・・・・・・と、願う今日この頃です。お元気でご活躍下さりますようご祈念します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


  • 佐藤直美: ありがとうございます! お会いした時に、いろいろご相談させていただきたい事もあり、よろしくお願いしま
  • acteduce: 佐藤直美様 いつもありがとうございます。 少々抜ける時間もありますが、なるべく会場に居たいと思ってます
  • 佐藤直美: こんにちは! 以前(数年経ってしまいました)墨画の体験や、手拭いでのポーチ作成をお願いした佐藤と申し
koromo millinery salz いざなう月の琴、サロンコンサート、齋藤卓子、古典調律 まつむらこのみ、テーブルコーディネート みんなの発表会 りらく アイスティー、ハーブティー、紅茶教室、織田ひでこ、koromo アクセサリー教室、Eden、レジン、吉田聡子 アトリエ光彩舎、柴田治 アトリエ光彩舎、柴田治、水彩画教室 グラスペイント、鎌田順子 グラスペイント教室、鎌田順子 コラージュ、村尾沙織 コラージュ教室、村尾沙織 ジャム作家、ザルツ ジャム教室、ザルツ ジャム講座、ザルツ トトロ箱 トトロ箱、綾、豆一、和小物、着物 ハーブ パーソナルカラー、高橋直子 ピアノコンサート、齋藤卓子、クラシック フカカッタ、深町栄、片山敦夫、高橋結子 フカカッタ、片山敦夫、深町栄、秋保、ウッディポエム、秋保大滝 フランス、カンペール陶器、シャンソン、貝山幸子 ポーセラーツ マキノハウス レジン 仙台三越、アート&クラフトフェア 和菓子教室 和菓子教室、豆一 塩竈亀井邸、月見カフェ、しおがまさま神々の月灯り、日本酒 塩竈市杉村惇美術館 墨色銀河、墨画生徒展 柴田治、アトリエ光彩舎、水彩画 水彩画 紅茶教室、 紅茶教室、koromo 紅茶教室、織田ひでこ、koromo 紅茶教室、織田ひでこ、ハーブ、ハーブティー、koromo 絵本、ボイスパフォーマンス、朗読、声優、荒井真澄 荒井真澄、絵本 豆一 豆一、荒井真澄、絵本

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。