アクテデュース

ブルーベリーの季節にむけて。

Posted on: 2015年6月5日

ジャム作家ザルツより・・・6月のジャム教室のご案内です。

 WIN_20141014_143531 (2)

6月の教室は「ブルーベリージャム」

酸味が強いので、ジャム向きの果物ですが、作り方にはコツがあります。

ジャムとしての認知度の高い「ブルーベリー」は、

手づくりすると果実の粒が残る事がありますが、

しっかりとしたペーストジャムにする為に、ちょっとした工夫が必要なんです。

 

そして基本のジャム作りのワンポイントを覚えておくと、

その後のアレンジジャム作りがスムーズに進みます!

 

さらにお料理への活用方法までも簡単に進む事ができますよ!

教室でワンポイントを覚えて、楽しく美味しいジャム作りを学んでいってください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジャム教室

6月10日(水)『ブルーベリージャム』

時間:18:3020:30 

参加費:3000円 定員:9名 持ち物:筆記用具のみ

講師・ジャム作家salz

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

定期ジャム教室では、ジャムの作り方を見て学んでいただきます。

通常の料理教室のように「作る」作業はありません。

気軽にジャム作りのコツを、しっかり見て学ぶ事ができます。

作業する事が苦手な方にもオススメです。

 

そして、作りが終わったらジャムを使った料理を味わっていただきます。

お肉のソースや煮込みの隠し味、白身魚のマリネ、サラダのドレッシングなどなど・・・

普段の料理にジャムをちょっと加えるだけで、味に深みが出て、ほんのり果物の香りが加わります。

毎月変わる料理の活用術を体験してください。

 

ご予約、お問合せはアクテデュース又はザルツ

電話:090-6855-2150 もしくは、メール【jamsalz@me.com】へお願い致します。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


  • 佐藤直美: ありがとうございます! お会いした時に、いろいろご相談させていただきたい事もあり、よろしくお願いしま
  • acteduce: 佐藤直美様 いつもありがとうございます。 少々抜ける時間もありますが、なるべく会場に居たいと思ってます
  • 佐藤直美: こんにちは! 以前(数年経ってしまいました)墨画の体験や、手拭いでのポーチ作成をお願いした佐藤と申し
koromo millinery いざなう月の琴、サロンコンサート、齋藤卓子、古典調律 お香、邪気払い、白檀、匂い袋、和の習い事、田中志津 まつむらこのみ、テーブルコーディネート みんなの発表会 アイスティー、ハーブティー、紅茶教室、織田ひでこ、koromo アクセサリー教室、Eden、レジン、吉田聡子 アトリエ光彩舎、柴田治 アトリエ光彩舎、柴田治、水彩画教室 グラスペイント、鎌田順子 グラスペイント教室、鎌田順子 コラージュ、村尾沙織 コラージュ教室、村尾沙織 ジャム作家、ザルツ ジャム教室、ザルツ ジャム講座、ザルツ ハーブ パーソナルカラー、高橋直子 ピアノコンサート、齋藤卓子、クラシック フカカッタ、深町栄、片山敦夫、高橋結子 フカカッタ、片山敦夫、深町栄、秋保、ウッディポエム、秋保大滝 フランス、カンペール陶器、シャンソン、貝山幸子 フリーマーケット ポーセラーツ マキノハウス レジン 仙台三越、アート&クラフトフェア 和菓子教室 和菓子教室、豆一 塩竈亀井邸、月見カフェ、しおがまさま神々の月灯り、日本酒 塩竈市杉村惇美術館 墨色銀河、墨画生徒展 柴田治、アトリエ光彩舎、水彩画 水彩画 紅茶、織田ひでこ、koromo 紅茶教室、 紅茶教室、koromo 紅茶教室、織田ひでこ、koromo 紅茶教室、織田ひでこ、ハーブ、ハーブティー、koromo 紅茶教室、織田ひでこ、ミルクティー、マサラチャイ、koromo 絵本、ボイスパフォーマンス、朗読、声優、荒井真澄 荒井真澄、絵本 豆一 豆一、荒井真澄、絵本

カテゴリー

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。