アクテデュース

Archive for 10月 2008

こどものたしなみ・・・・ワークショップのお知らせです。
 
11月8日(土)の午後に、リネンのてしごと・こども教室を行います。
ちくちく手ぬいで、手さげのバックかきんちゃく好きなほうを作ってみましょう。
男の子も、女の子も、初めて針をさわる子も安心してください。
SunnyDaysのくみこ先生が、針のあつかい方からゆっくりお話してくれます。
スタンプで名前をおしてみたり、ワンポイントにぼたんやタグをつけたり・・・
自由にあそべますよ。
どんなのができるか楽しみですね~。
 
 
リネンの気持ちよさを小さいころから感じて、
自分でぬったものを使うなんて・・・ちょっとかっこいいお子様!!
詳しい時間など決まりましたら、またお知らせしますが
今回はとくに少人数での教室となりますので、
興味のある方は、早めにお問い合わせください。
 
「どんなの作るの?」ってきいたら・・・
「こんなイメージかな~」と、
くみこ先生がミニチュアを作ってくれました・・・・(実際は使えるサイズで作りますよ!)
ちなみに、ミニバックの中に入ってるのは、
ぱた本やさんの豆本です・・・
ミニかぼちゃも柿も・・・入らない!
こっちを作りたいオトナがいっぱいいそうな・・・かわいさです。
 
015016
 
11月3日(月)文化の日
定禅寺ストリート杜の都アート展
 
acteduceの先生も参加します。
ぱた本屋のながさわゆうこ先生がメディアテークあたり、
SunnyDaysのむらかみくみこ先生と、scarletの加藤亜沙美先生が三越に近い入口あたり。
(今、作品作り続けてます!)
皆さんぜひ探してみてくだいね!
 
11月末にacteduceで個展をされるスケッチアート花屋さんも参加されるそうです。
 
秋の定禅寺はアートイベントにぴったりですね。
夏のアート展は、雨で中止になってしまったので、今回はふらないでほしいです・・・。
先日お知らせした柳生和紙のイベントも同じ日なので、なお更・・・
 
文化の日、晴れるといいですね。
 
 
 
第6回 柳生和紙まつりのお知らせが届きました。
11月3日(月)10:00 ~14:00
柳生和紙工房 佐藤平治さん宅で開催されます
和紙漉き体験ではがきやランチョンマットを作れます。
和紙や封筒・便せん・色紙・和紙で作った小物商品や食べ物の販売もありますので、
楽しい1日が過ごせそうですね。
 
詳しくは、下記にお電話でお問い合わせください。
前日まで 022-244-1343(星さん)
当日    022-241-3044(佐藤さん)
 
アクテデュースの会員カードは佐藤さんの作った柳生和紙を使っています。
夏におじゃました時に私も佐藤さんご夫婦に工房をみせて頂きましたが、
400年の伝統を引き継ぐだけではなく、
佐藤さんの遊び心で・・・墨をまぜたり玉ねぎの皮やニンジンで染めたり・・・
失敗を繰り返しながら新しい挑戦をしていて驚きでした。
柳生和紙は地元の学校の卒業証書や、仙台の老舗和菓子店「賣茶翁」の包装紙にも使われています。
折り本講師のながさわゆうこ先生も、地元仙台の紙を・・・という想いがあり、
このぬくもりある柳生和紙を使って創作される事が多いようです。
なかなか自分で和紙を漉く機会は少ないと思いますので、
ぜひ遊びにいってみてはいかがですか?
 
 
 
007
柳生和紙に描いてみました・・・
 
 
 
 
 
 
あっという間に・・・もうすぐ10月も終わってしまいます。
月の最後の週は基本的に教室が入っていないので、
打ち合わせや創作にあててます。
 
執りかかり中の畳サイズの墨画に疲れ・・・
気分転換にハガキサイズに秋桜を描いてみました~!
 
昨日「これ、差し上げるからよかったら遊んでみて・・・」
と、立派な筆と紙を頂きました。
年齢も私の倍近い大先輩だけど、墨画仲間のお友達です。
その優しい言葉と、モノと・・・
本当に有り難い気持ちです。
 
ゆずって下さった筆が生きるように・・・がんばろ~!
紙も無駄にならないように・・・がんばりま~す!
 
 
005
 
 
 
『生涯学習指導』の講習の中で、
 
『持つべきか、在るべきか・・・』 (to have or to be)
という話をきいたのですが・・・ドイツの精神分析学者フロムの書いた本のタイトルでもあります。
 
『持つ』(to have )は・・・
自分の財産・社会の中での地位・たくさんの知識や学歴などを、所有することを目的とした学習(生き方)
 
『在る』(to be)は・・・
自分の人間的な力を、能動力 (成長すること、愛すること、関心を持つこと、与えること・・・ )
に使っていく学習(生き方)
・・・・共感しあい成長しあう仲間があってこそ・・・
 
そんな感じの内容でした。
私に筆や紙を譲ってくれた方は・・・まさしく「在る(to be)」の学習(生き方)だと思いました。
to have タイプが世の中評価されがちですが、to be意識を忘れると、
何のために学習していきたいのか、
何のためにやってるのかも見失ってしまいそうです。
 
なんとなく遠くにあるマトより目先が気になってしまうけど、大きな広い見方(目)を忘れないように意識したいですね。
目的にむかう過程として今日を過ごす・・・・それを、諦めないで続けた人は、
きっと結果として『持つ』ことも『叶える』ことも出来るのではないかと思います。
 
自分が、なりたい様な、憧れた様な自分になればいいのですね!
簡単ではないけど、
何とでもできる余地あり!
それは今からでも可能!・・・というところが凄いことです。
しかも・・・そのコントロール(操縦)ができるのは・・・やっぱり自分ですね。
誰かの影響をうけて動いたり、
力をかりて助けられて、支えられたりしながらも、
どう進んでいくか?どう学習していくか?どう生きていくか?
という「自分チェック」と「自分操縦」は、他の誰にもできないことです。
 
考え方も、方法も、シンプルにいくのが1番のような気がします。
 
 
 
 
 
 
 
new ワークショップのお知らせです!new
 
11月6日(木)13:00~
革工芸の福山裕子先生によるワークショップを行います。
 
夏休みにお子様向け、9月にカードケース・・・
そして今回は「ペンケース」を作ります!
 
小学校入学お子様必須アイテム『ふでばこ』が、
大人になるにつれ、どんどん荷物を減らしたくなって、いつの間にかペンケースを持つ習慣がなくなって・・・
鞄の中や車の中・・・机でペンがバラバラになってる方!
(私です)
ケースに入れる遊び?も欲しい気がしてきました。
そういえば・・・フリスクケースやミンティアケース・ガムケースもオリジナル革で作ってる知り合いがいました!
「ひそかに自分だけの贅沢って感じでいいでしょ~」
「ケースって・・・モノ大事にしてるって感じでしょ~」
 
と彼はいってました・・・。
 
言われてみれば・・・そのとおり。
こだわったお気に入りのブックカバーをまとった本も、
キャップをした鉛筆も、名刺入れから出されて渡された名刺も、
大事にされてる感じがしますね。
 
「必需品」ではないけれど・・・「無駄」とは違うモノが在ると、
満足感があじわえて、豊かな気持ちになれますね。
 
そうなってくると・・・
ペンケースに入れる最低限必要なペンも、見直してしまいそう。
値段が高いからいいわけでもなく、自分にしっくりくるアイテム・・・
その人の持ち物は、その人そのものとも云える・・・ときいた事があります。
 
人に対してもモノに対しても、
「大切にすること」が増えるように・・・心掛けていきたいですね。
 
 
今回ワークショップで作るマイペンケース・・・自分アイテムを見直すきっかけにしてみては?
 
使い勝手もちょうどいいサイズです。
革のカッティングまでは先生が準備して下さいます。
「創作キッドを使うより私がカットすればリーズナブルになるわよ・・・」と良心的な福山先生です。
今回の色味は、秋色ブラウン系・・・。
アンティークなカッコよさがあり、使いこんでいくとさらに風合いが出てきます。
 
イメージ写真などHP「ワークショップのお知らせ」でご紹介しておりますので、ご覧下さい。
お申し込みお待ちしてます!!
 
 
 
 
 
 
 
柚子香さんのジャムが届きました・・・
いつも夕暮れ時にきてくれるので・・・教室のスポットライトをうけ、とっても美しい色。
日中、瓶に太陽の光をかざしても・・・また綺麗です。
 
透明で濁りがないのです。・・・作家もジャムも。
 
003
 
みんながうけ取りに来るまで・・・
本棚に飾っておきます。
 
そして、
 
こんなかわいいおみやげ・・・ありがとう・・・
ぱた本やさんの豆本に続いて・・・このところ、まつぼっくりサイズがacteduceにやってきます!
ご紹介しますっ!!
 

 「まちばり!」 と 「はりやま!」

007

泣けるかわいさ。

待ち針のトップは・・・ガラスなんです。銀華ガラス玉工房さんの作品。

ちがうガラス色もあるそうですよ。

手のひらに収まる小さな針山は柚子香さんの作品。

どちらも丁寧なてしごとです。

ご希望に応じて販売もしているそうですが、制作には少し時間がかかり

少しずつ・・・だそうです。

1つ1つ、仲良しふたりしごとですから・・・。

 

『なんか、繋がっていきますね~』という会話が、最近多いのです。

 

波長の合う理解者との出会いは、嬉しいものですね。

今日も新しい御縁に感謝です・・・。

ちょっぴりがんばって行動すると、

なにか、展開して広がっていくかもしれませんよ。

 

 

 

 

 
 
リネンのてしごと・・・
 
昨日の夜教室では、前回に続いてブックカバーや茶道で使う衣服・・・それぞれ使いたいモノを作りました。
和裁をお勉強された先生、さすがです。
また続きは次回に・・・という事で、完成したら写真お見せしますね。
男性も頑張ってます!!
そして・・くみこ先生がおいしいパンを焼いて持ってきてくれました。
大人気のアンクロ(あんこ入りクロワッサン)やクリーム・・・
休憩タイムはなぜか野球の話で盛り上がってました・・・(先生実は楽天ファン)
そしてまた・・・ちくちく・・・縫います・・・。
 
 
 
 
今日は、墨画教室を行いました・・・
モチーフは「柿」
 
017
 
 
わざわざお庭の1枝を届けて下さった方(今日はご都合で欠席なのに!)
ありがとうございました。
みんなでじっくり見つめ・・・スケッチし
001
 
墨をすって墨画に仕上げました。
しっかりスケッチすることで、墨で描く時に省略できます。
どの世界も「基本」って大事ですね。
 
003007
 
 
『 ぱた本屋さんのまめ本 』・・・夜のワークショップが行われました!
 
 
 
012
 
 
 
ほおずきが巨大なのではなく・・・
ほおずきサイズの小さな本を作りました。
 
小さいけど中身は充実!
ミニポストカードは sakuma naomi さんの作品です。
ちょっと目線を変えた仙台の写真が、とっても魅力的です。
 
そのままでもじゅうぶんかわいいけど、
それを本にしたてましょう・・・という贅沢な企画です。
 
今回は「洋製本」を学びました・・・
綴じ方や紙の切り方・・・とにかく全て小さい!
細かい作業ですが、
“ぶきっちょさん大歓迎”というチラシどおり、
ゆうこ先生がびっちりゆっくり教えてくださるので、大丈夫!!
 
次回は同じく・・・まめ本の「和製本」に挑戦です。
この回のみの参加も可能ですので、
かわいい製本遊びで、ちっちゃい秋の夜を楽しみましょう・・・
お申し込みお待ちしております。
 
 
 
 
『ぱた本やのまめ本作り』
 
「和製本」千代紙表紙の折り本に仕立てます。
11月17日(月) 19:00~
材料費込3500円 (SakumaNaomiさんのミニポストカード付き)
 
 
015
 
おみやげに・・・
ゆうこ先生作、こんなに小さい「まめまめ本」をプレゼント!
 


  • 佐藤直美: ありがとうございます! お会いした時に、いろいろご相談させていただきたい事もあり、よろしくお願いしま
  • acteduce: 佐藤直美様 いつもありがとうございます。 少々抜ける時間もありますが、なるべく会場に居たいと思ってます
  • 佐藤直美: こんにちは! 以前(数年経ってしまいました)墨画の体験や、手拭いでのポーチ作成をお願いした佐藤と申し
koromo millinery salz いざなう月の琴、サロンコンサート、齋藤卓子、古典調律 まつむらこのみ、テーブルコーディネート みんなの発表会 りらく アイスティー、ハーブティー、紅茶教室、織田ひでこ、koromo アクセサリー教室、Eden、レジン、吉田聡子 アトリエ光彩舎、柴田治 アトリエ光彩舎、柴田治、水彩画教室 グラスペイント、鎌田順子 グラスペイント教室、鎌田順子 コラージュ、村尾沙織 コラージュ教室、村尾沙織 ジャム作家、ザルツ ジャム教室、ザルツ ジャム講座、ザルツ トトロ箱 トトロ箱、綾、豆一、和小物、着物 ハーブ パーソナルカラー、高橋直子 ピアノコンサート、齋藤卓子、クラシック フカカッタ、深町栄、片山敦夫、高橋結子 フカカッタ、片山敦夫、深町栄、秋保、ウッディポエム、秋保大滝 フランス、カンペール陶器、シャンソン、貝山幸子 ポーセラーツ マキノハウス レジン 仙台三越、アート&クラフトフェア 和菓子教室 和菓子教室、豆一 塩竈亀井邸、月見カフェ、しおがまさま神々の月灯り、日本酒 塩竈市杉村惇美術館 墨色銀河、墨画生徒展 柴田治、アトリエ光彩舎、水彩画 水彩画 紅茶教室、 紅茶教室、koromo 紅茶教室、織田ひでこ、koromo 紅茶教室、織田ひでこ、ハーブ、ハーブティー、koromo 絵本、ボイスパフォーマンス、朗読、声優、荒井真澄 荒井真澄、絵本 豆一 豆一、荒井真澄、絵本

カテゴリー

アーカイブ